HOME > 沢田たかやすの議員日記 > エピペン講習会

エピペン講習会

こんにちは。

今日は、本日は子供のアレルギー疾患についての取組についてです。

2013年10月、調布市の小学校で女子児童がアレルギーによるアナフィラキシ―

ショックで死亡するという残念な事故が発生しました。

この児童はアレルギーによる反応がでた時にショック症状を和らげるエピペンと

呼ばれる薬を持っていましたが、教師がその使い方がわからず対応できなかったと

のことでした。

このことを聞いて私は、まず教育委員会と連携をとり、さらには、北多摩北部医療

センターの小児科部長と連絡を取り、小・中学校の教員にエピペンの使用講習会を

開催してもらいたいとの要望を致しました。

部長は快諾してくださり、その後、教員対象の講習会を開催することが出来まし

た。

教員が知識をもつことは、子供を守る上で大変に大切なことであると思います。

今後も、さらに、子どもの命を守るためにできるとこはないかと、考え動いてまい

ります。

トラックバック(0)

トラックバックURLを表示する

コメントする