HOME > 沢田たかやすの議員日記 > デマンド式公共交通の実現をめざして!

デマンド式公共交通の実現をめざして!

今日は、交通不便地域対策 - デマンド方式 タクシー についてご説明致します。

交通不便地域対策として、多摩地域では、コミュニティバスを運行している市も多くあります。

しかし、東久留米市内では、道幅が狭いところが多い為、コミュニティバスの運行ができません。

そこで、東久留米市議会公明党として、タクシー車両を活用した 『予約式乗合タクシー』

を検討しています。

これは、予約制で、タクシーよりも安い料金で利用できる乗合タクシーです。 

これであれば、コミュニティバスのようにバス停まで行かずに、家の前まで迎えに来てくれる、

つまり ドア トゥ ドア で利用ができます。

また既存のタクシー業者を利用できれば、財政面でも負担が少なく済ます。

実際に現在、この予約式乗合タクシーを走らせている市もあり、実現可能な取り組みとして、

東久留米公明党としても、提案しています。 

議会でも取り上げ、市長からは 「実現可能な取り組みの一つとして、さらに研究してみたい」

との答弁でした。 

さらに研究をすすめ、早期実現に向けて、取り組んでまいります。

トラックバック(0)

トラックバックURLを表示する

コメントする