学校公開

本日は小・中学校ので学校公開と道徳授業地区公開講座が行われました。

私は、午後に久留米中学校で開催された講演会に参加させていただきました。

テーマは「夢を形にする喜び」。

講師は7年半をかけて自転車で世界一周を成し遂げた石田ゆうすけさんでした。

和歌山県出身の石田さんは大学時代に日本一周をやり、社会人となったあとも夢をあきらめずに

3年かけて貯金を500万ためたあと、仕事を辞め自転車での世界一周に旅立ちました。

途中何度も怖い目に遭ったり、死にそうになったそうですが、感動的な出会いがあったり、行く場所

行く場所でのすばらしい風景に目を奪われたそうです。

印象に残った言葉に「真実は100通りある。例えばイスラム圏は怖いとの印象がある。それは、

ニュース報道を見るからだ。しかし、自分が行った例えばシリアの国の人々はみんなとても優しく

必ず泊って行けと言われて泊めてもらった。食事も振る舞ってもらった。大切なことは真実は

自分の目で確かめたことこそが真実なのだということです。」とおっしゃった場面がありました。

大事なことだと思いました。

あと、「人生は短い。無駄な時間は少しもないんですよ。」、「たくさん本を読みなさい。そのような

方は少し話をするだけで分かります。本を読むことでいろいろな経験を積ませてもらえます。」

とも言っていました。

確かに石田さんの生き方は一般の人にとって見れば特殊な生き方かもしれません。

現在は、執筆業として多くの書籍を出しているそうです。

しかし、石田さんも言っていましたが、後悔しない生き方ができたということ。

そして、夢をあきらめなかったということ。

大事なことだと思います。

夢を持ち続けること、そしてあきらめないこと。

何歳からでも遅いということはない・・・・・と思いたいですね。

石田さん、ありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURLを表示する

コメントする